Save the forest

森を守り

当地域の森林は、古くから高い木材生産力を有するとともに生活に密着した里山として管理されてきました。
一方、当地域の多くの森林は水郷筑波国定公園(3種) 内に入っており、美的景観の維持に配慮した森林整備と
生物多様性の維持増進を図る森林として保全することが求められています。これらの背景、状況を踏まえ、
「生産林」と「環境林」に区分して目標林型を設定し管理していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です